快適に暮らすための工夫|せっかく一生ものの家を建てるなら注文住宅に

せっかく一生ものの家を建てるなら注文住宅に

快適に暮らすための工夫

つみき

厚みのある木材や断熱材

寒い時期が長く続く北欧では、寒さの影響を受けないようにするために、住宅に多くの工夫が凝らされています。具体的には、壁や床や天井などを厚みのある木材で作ったり、その内側に断熱材を入れたりしてあるのです。これにより、屋外の冷気は屋内に伝わりにくくなりますし、暖房による屋内の温もりは、屋外に逃げにくくなるのです。そして昨今では、日本でもこういった北欧住宅が建てられるようになっています。地域によっては、日本でも厳しい寒さが長く続くので、そのような中でも暖かく過ごせることから、北欧住宅の需要は高まっているのです。また、気温の影響を受けにくいということは、冷房による涼しさも持続しやすいということです。そのため北欧住宅は、気温の高い地域の人々からも注目されています。

窓やインテリア

北欧住宅には、窓が大きいという特徴もあります。なぜ大きくしてあるのかというと、北欧は太陽からの距離の問題で、日中でも薄暗いことが多いからです。その分日光を多く入れるために、窓が大きめに作られているのです。一方日本では、北欧と比較すると日射量が多めとなっています。そのため日本の北欧住宅では、多く入ってくる日光によって、屋内が非常に明るくなります。これにより一層暖かく過ごすことができますし、照明器具を多く使わずに済む分、電気料金をある程度節約できます。さらに北欧では、寒い時期には自宅で過ごす時間が長くなることから、少しでも快適に過ごせるようにと、インテリアにも力が入れられています。柱やドアなどにも美しい彫刻が施されていることが多く、その美しさからも北欧住宅は評価されています。